スポンサードリンク
   


iSP細胞で薄毛が治る??


京都大の山中伸弥教授がヒトiPS細胞を開発されました。大変話題になっているのでiPS細胞を知っている方も多いと存じます。知らなくてもiPS細胞という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。
これから数年後には iSP細胞による臨床実験も加速し、医療の現場でも多く使われて、難病にも効果を発揮するといわれています。要するに今まで治療不可と思われていた病気や症状がiSP細胞によって治療可能になるのです。
そして薄毛にも治療効果があるといわれています。自分の細胞からなるものですから副作用もないと考えられていますし、薄毛の方には是非希望を持っていただきたいです。
近い将来、可能になるのですから嬉しいですね。
iSP細胞は同性愛カップルの間に子供を作ることも可能だそうです。倫理上の問題で実現はどうかわかりませんが、このような今までだったらあり得ないことも可能にするのがiSP細胞なので薄毛の方は期待大です。
posted by 薄毛の原因と治療を知る口コミ情報 at | 薄毛治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAの診断基準と検査費用について


最近はAGAのコマーシャルもあるように大変関心をもたれている薄毛(はげ)ですがそもそもAGAとは男性の脱毛症のことをいいます。
今は研究もすすみ、診断基準もわかりやすいです。AGAは治る可能性も高いですし、進行を遅らせることもできるようになってきました。
有名お笑い芸人が明るく専門医の診断を呼び掛けています。
昔は一人で悩みあきらめていたと思われますが、最近では薄毛で悩む芸人やタレントがオープンに宣伝に出ていることで一般人も治療や予防に取り組みやすくなりました。
AGAのCMだけでなく今や飛ぶ鳥も落とさぬ勢いで知名度がぐっとあがったシャンプー(スカルプD)の宣伝効果もあったと思います。
同じ悩みをもつ身近な有名人の呼びかけが功をなしたのでしょう。
検査費用はかかりますが皮膚科やAGA専門科で診断をうけて薬(プロぺシアなど)を処方してもらい医師の指示に従って治療に取り組むのがベストです。AGA検査費用は2万円前後、診断を受けた場合にかかる治療費用ですが1錠250円で1日1錠が計算の目安です。*診察料別*
AGAの場合は食生活の改善や生活習慣の見直し、薄毛用のシャンプーやトニックよりも専門医で診断をうけることが治療には近道になります。
AGAは進行性のハゲなので放っておいては治るものも治りません。
どんどん薄くなってしまいます。
遺伝や男性ホルモンの影響が大きいといわれてますが、診断基準もあり適切な薬による治療で改善されるのですから悩んでいる間に受診してください。
受診前の診断基準としては髪の毛全体で産毛のような短くて細い毛が増えていないか、 髪の毛のコシやハリが以前よりも失われたように感じないか、くしやブラシに、抜け毛がたくさん付着していないか、あるいは、髪を洗った時に抜け毛が気にならないか、家族・親族に薄毛の人がいないか、若いころから薄毛が始まり、多かれ少なかれ進行してきていないか、「頭のてっぺん」もしくは「おでこの生え際」もしくは「頭のてっぺんとおでこの生え際の両方」のいずれかの部位にて薄毛が進行していないか、
などがあります。
現在薄毛で悩んでいて、あてはまるものがあればAGAの可能性が高いです。多少の検査費用や治療費がかかっても早めに治療に取り組みましょう
posted by 薄毛の原因と治療を知る口コミ情報 at | 薄毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


証券CFD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。