スポンサードリンク
   


薄毛効果に牡蠣が効く理由は亜鉛にあり?


薄毛や抜け毛でお困りの方には是非積極的に召しあがっていただきたいのが海のミルクと呼ばれる牡蠣です。
薄毛や抜け毛と亜鉛の摂取量は非常に関係が深いのです。
5αリダクターゼ(酵素)を御存じでしょうか。5αリダクターゼは2種類あり、T型とU型が存在します。
一般にT型5αリダクターゼは、脂性のタイプ人が多く、にきび等が出来やすいタイプの人であり、毛根の皮脂腺に多く存在します。ハゲている人の頭皮が光っているのと関係ありそうですね。
U型5αリダクターゼは体毛や髭の濃いタイプ人が多いが、髭や前頭部にまた、毛乳頭に多く存在します。
この5αリダクターゼを抑制できるのが亜鉛で、牡蠣に豊富に含まれます。
亜鉛は5αリダクターゼの活動を阻害し、細胞や組織の新陳代謝を活発にします。抜け毛対策に非常に有効な栄養素ですので、足りていないと感じる方は意識して牡蠣を摂取するようにしましょう。
厚生労働省が定めている亜鉛の1日の摂取量は12mg程度ですが、薄毛や抜け毛が気になる方は1日30〜50mg程度を摂取するのが望ましいでしょう。
これは亜鉛が体内で吸収されにくいことに関係しますので、自分自身の判断で摂取してください。
posted by 薄毛の原因と治療を知る口コミ情報 at | 薄毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAの原因と治療薬と治療期間と口コミ


AGAが最近よくテレビのコマーシャルなどで放送されていて口コミでも話題です。
AGAとは以前にも書きましたが成人男性の薄毛で最も多く、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていく状態です。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられていて、抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。
AGA(エージーエー)は進行性するので何の治療等もしないと髪の毛の数は減り続けます。
治療期間はかかりますが治療薬もあります。
原因としてAGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなり全体として薄毛が目立つようになります。自分の薄毛がAGAではないかと思ったら専門医の受診をおすすめします。
AGA治療により進行を遅らせることができるからです。
遺伝だからといってなげいていてはいけません。前向きに治療に取り組みましょう!
AGA治療薬には飲むタイプと塗るタイプがありますが、飲み薬のほうが効果は期待できるようです。
治療薬ではプロぺシアが口コミでも話題です。治療期間はかかりますが治療をはじめないと効果もでません。
しかし、勝手な判断で薬を用いるよりは専門医の判断において治療を行ったほうが効果もでやすいでしょう。
ネットユーザーの口コミを参考に専門機関を選ぶと良いでしょう
posted by 薄毛の原因と治療を知る口コミ情報 at | AGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


証券CFD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。